鳥取の注文住宅 ピュアハウス|家族の思いを大切にした住まい

蔵の修理

2018.08.28

お盆をまたいで古い蔵の修繕をさせて頂いています。

軽~く100年は前の蔵だそうで、建物はしっかりしているのですが、
今年の雪で屋根と、それを支える桁が折れてしまい、
蔵の解体も考えられたそうですが、先祖代々から受け継がれ、思い入れのある蔵、
家のおじいさんが残される決断をされました。

そこで弊社もお世話になっている近所の左官屋さん相談され、
その左官屋さんから連絡があり、にこの度の修繕に至りました。

正直なところ、蔵の修繕は何度かありますが、蔵を新築したことはなく、
同じ木造、同じような姿でも作り方も蔵独特です。

その一つとして、蔵はすっぽりと土壁で囲まれていて、それは天井も囲まれています。
なので今回のように屋根を変える際、住宅ですと足元が悪く、危険な作業になるのですが、
蔵は厚い土の天井のお陰で足元良く、立って作業が出来ちゃうんです♪

ちょうど今は壁のしっくいの修理中です。

キレイによみがえって、おじいさんに喜んでもらいたいです(^^)

カテゴリ

月別アーカイブ